Ken Harada's Website 本文へジャンプ
研究業績
査読付論文


  • 原田謙・浅川達人・斎藤民・小林江里香・杉澤秀博(2003)「インナーシティにおける後期高齢者のパーソナル・ネットワークと社会階層」『老年社会科学』25(3): 291-301.

  • 原田謙・杉澤秀博・山田嘉子・杉原陽子・柴田博(2004)「日本語版Fraboniエイジズム尺度(FSA)短縮版の作成――都市部の若年男性におけるエイジズムの測定」『老年社会科学』26(3): 308-319.


  • 原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・斎藤民・浅川達人(2005)「大都市部における後期高齢者の『閉じこもり』に関連する要因――階層的地位と家族的地位に着目して」『厚生の指標』52(4): 28-33.((財)厚生統計協会 第8回川井記念賞受賞)

  • 原田謙・杉澤秀博・柴田博(2008)「都市部の若年男性におけるエイジズムに関連する要因」『老年社会科学』29(4): 485-492.

  • Sugihara, Y., Sugisawa, H., Shibata, H., & Harada, K. (2008) Productive Roles, Gender, and Dipressive Symptoms: Evidence From a National Longitudinal Study of Late-Middle-Aged Japanese, Journal of Gerontology, 63B(4): 227-234.

  • 原田謙・杉澤秀博・柴田博(2009)「高齢者のシルバー人材センターの退会に関連する要因」『老年社会科学』31(3): 350-358.


  • 原田謙・杉澤秀博(2015)「居住満足度に関連する要因――地域環境に着目したマルチレベル分析」『理論と方法』30(1): 101-115.

  • 小林江里香・深谷太郎・原田謙・村山陽・高橋知也・藤原佳典(2016)「中高年者を対象とした地域の子育て支援行動尺度の開発」『日本公衆衛生雑誌』63(3): 101-112.

  • Saito,T., Sugisawa, H., Harada, K., & Kai, I. (2016)Population Aging in Local Areas and Subjective Well-being of Older Adults: Findings from Two Studies in Japan, BioScience Trends, 10(2): 103-112.



  • Sugisawa, H., Harada, K., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2018) Socioeconomic Status Disparities in Late-life Disability Based on Age, Period, and Cohort in Japan, Archives of Gerontology and Geriatrics, 75: 6-15.



依頼論文

  • 原田謙(2011)「エイジズム研究の動向と課題(論壇)」『老年社会科学』33(1): 74-81.

  • 原田謙(2012)「社会階層とパーソナル・ネットワーク――学歴・職業・所得による格差と性差」『医療と社会』22(1): 57-67.

  • 原田謙(2016)「社会学の系譜から地域の文脈効果を再考する――集合的効力感に着目したソーシャル・キャピタル研究」『老年社会科学』37(4): 447-455.

  • 原田謙(2016)「未婚者のソーシャル・ネットワークと健康――孤独感と生活習慣を経路とした影響」『家計経済研究』110: 43-52.


著書


  • 原田謙(2017)『社会的ネットワークと幸福感――計量社会学でみる人間関係』勁草書房.
    書評御礼:
    • 石田光規先生(早稲田大学)『日本都市社会学会年報』36.
    • 中田知生先生(北星学園大学)『福祉社会学研究』15.
    • 杉原陽子先生(首都大学東京)『都市政策研究』12.
    • 辻竜平先生(近畿大学)『社会学評論』68(4).
    • 石黒格先生(日本女子大学)『理論と方法』32(2).
    • 福川康之先生(早稲田大学)『老年社会科学』39(4).
    • 松川尚子先生(関西学院大学)『家族社会学研究』29(2).


分担執筆









  • 原田謙(2018)「都市の地域集団(1)町内会・自治会」森岡淸志・北川由紀彦編『都市と地域の社会学』放送大学教育振興会: 117-127.

  • 原田謙(2018)「都市の地域集団(2)ボランティア・NPO」森岡淸志・北川由紀彦編『都市と地域の社会学』放送大学教育振興会: 128-140.

  • 原田謙(2018)「高齢化と地域社会」森岡淸志・北川由紀彦編『都市と地域の社会学』放送大学教育振興会: 141-152.


翻訳



紀要・報告書等


  • 原田謙(2000)「東京の社会-空間構造:都市居住高齢者の人口学的・社会経済的特性」『高齢者の医療・福祉サービス供給システムに関する都市比較研究』(老人保健健康増進等事業による研究報告書)国際長寿センター

  • 原田謙(2001)「自治会・町内会による高齢者支援の現状――地理的な近接を生かした高齢者のニーズの把握を」『自治会・町内会情報誌 まち・むら』第74号(財)あしたの日本を創る協会

  • 原田謙(2001)「女性の集団参加と地域施設の認知・利用」『都市コミュニティの社会的形成過程に関する実証的研究(平成10~12年度文部省科学研究費補助金研究成果報告書)』研究代表者:玉野和志



  • 原田謙(2002)「インナーシティにおける後期高齢者の親子関係――同居子・近居子の有無に関連する要因」『後期高齢期における健康・家族・経済のダイナミクス』(財)東京都老人総合研究所


  • 原田謙(2003)「全国中年者に対するパネル調査の脱落者・継続回答者の特性」『中高年期における職業からの引退過程と家庭、健康のダイナミクスに関する研究(平成12~14年度文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書)』研究代表者:柴田博

  • 原田謙(2003)「若年者におけるエイジズムの測定と要因分析――Fraboni Scale of Ageism(FSA)を用いて」『高齢者における健康で働きがいのある就労継続の社会的基盤に関する研究(平成14年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学)総括研究報告書)』主任研究者:柴田博

  • 藤原佳典・柴田博・原田謙・新開省二・吉田裕人・星旦二(2003)「健康指標からみた三大国際都市――東京、ニューヨーク、パリの比較」『総合都市研究』81: 39-48.

  • 原田謙(2004)「なぜシルバー人材センターを退会したのか?――退会に関連する要因分析と退会者の類型化」『高齢者における健康で働きがいのある就労継続の社会的基盤に関する研究(平成15年度厚生労働科学研究費補助金(長寿科学)総括研究報告書)』主任研究者:柴田博

  • 原田謙(2006)「女性の集団参加の現況」『都市の構造転換とコミュニティの変容に関する実証的研究(平成15~17年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書)』研究代表者:玉野和志

  • 原田謙(2006)「中山間地域におけるまちづくりの実践とパートナーシップ――いわき市小川地区を事例に」『みらい』vol.7,いわき未来づくりセンター

  • 原田謙(2009)『若年者におけるエイジズムの測定と要因分析(平成19~20年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書)』.

  • 原田謙(2011)『シルバー人材センターにおける退会者問題と就業支援事業に関する研究(平成21~22年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書)』.

  • 原田謙(2013)『パネル調査に基づく中高年期における配偶関係の変化と精神的健康に関する研究(平成23~24年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書』.


  • 新名正弥・杉澤秀博・杉原陽子・原田謙・柳沢志津子(2017)「政治的有効性感覚と組織参加の世代差」『老年学雑誌』7: 31-44.


事典項目

  • 高橋勇悦・原田謙(2002)「都市社会学」「都市化」「市民運動」『日本大百科全書(ニッポニカ)』小学館

  • 原田謙(2012)「エイジズム」『現代社会学事典』弘文堂

  • 原田謙(2014)「調査設計」「プリテスト」「データの収集――実査計画」「データの収集――実査マニュアル」『社会調査事典』丸善出版


書評/文献紹介

  • 原田謙(2010)「奥山正司『大都市における高齢者の生活』」『家族社会学研究』22(1): 107.

  • 原田謙(2016)「赤枝尚樹『現代日本における都市メカニズム――都市の計量社会学』」『都市社会学年報』34: 143-145.

  • 原田謙(2017)「近藤克則編『ケアと健康:社会・地域・病い』」『老年社会科学』39(1): 88.


学会報告

  • 原田謙(1998)「在宅福祉サービス団体の形成過程とその介助関係――サービス生産協同組合『グループたすけあい』を事例に」第71回日本社会学会(関西学院大学)

  • 原田謙(2000)「福祉NPOの形成過程に関する一考察――特定非営利活動法人『グループたすけあい』を事例に」第18回日本都市社会学会(明星大学)

  • 原田謙・杉澤秀博・小林江里香(2000)「縦断調査による貧困のダイナミクス研究――高齢者の所得変動に関連する要因」第73回日本社会学会(広島国際学院大学)

  • 原田謙・杉澤秀博・小林江里香・金恵京・杉原陽子・深谷太郎・柴田博(2001)「中高年期における転職・再就職に関する研究(その1)――平成不況下における転職の困難に関連する要因」第43回日本老年社会科学会(大阪)

  • 小林江里香・原田謙・杉澤秀博・金恵京・杉原陽子・深谷太郎・柴田博(2001)「中高年期における転職・再就職に関する研究(その2)――「より良い」転職に関連する要因の検討」第43回日本老年社会科学会(大阪)

  • 原田謙(2001)「女性の地域集団参加パターンからみた住民層の分化」第19回日本都市社会学会(北海道大学)

  • 原田謙・杉澤秀博・斎藤民・小林江里香・杉原陽子・深谷太郎・浅川達人(2002)「インナーシティにおける住宅階層と後期高齢者のパーソナル・ネットワークに関する研究」第44回日本老年社会科学会(福岡)

  • 斎藤民・杉澤秀博・原田謙・小林江里香・深谷太郎・杉原陽子・浅川達人(2002)「大都市に居住する後期高齢者の社会活動性と地域環境要因との関連」第44回日本老年社会科学会(福岡)

  • 原田謙・杉澤秀博・山田嘉子・杉原陽子・塚原陽子・柴田博(2003)「若年者におけるエイジズムの測定と要因分析」第45回日本老年社会科学会(名古屋)

  • 杉澤秀博・原田謙・山田嘉子・杉原陽子・塚原陽子・柴田博(2003)「若年就労者の高齢者就労に対する態度に関連する要因」第45回日本老年社会科学会(名古屋)

  • 山田嘉子・杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・塚原陽子・柴田博(2003)「中高年就労者と若年就労者の従事する企業特性・職業とエイジズムとの関連」第45回日本老年社会科学会(名古屋)

  • 杉原陽子・杉澤秀博・原田謙・山田嘉子・塚原陽子・柴田博(2003)「年金・介護保険料に対する若い世代の意識とその関連要因」第45回日本老年社会科学会(名古屋)

  • Sugisawa, H., Harada, K., Shibata, H., Sugihara, Y. & Hougham, G. W. (2003)Effects of Mandatory Retirement on the Mental Health and Social Well-being of Japanese Men. The 56th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, San Diego.

  • Sugihara, Y., Sugisawa, H., Shibata, H., Harada, K., Fukaya, T., & Kobayashi, E.(2003)Productive Activities and the Risk of Lifestyle-related Diseases among Middle-aged Adults in Japan: A National Longitudinal Study. The 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology, Tokyo.

  • 山田篤裕・小林江里香・杉原陽子・深谷太郎・原田謙・Jersey Liang(2004)「高齢女性はなぜ低所得に陥るのか――全国高齢者長期縦断調査(JAHEAD)より」第108回社会政策学会(中央大学)

  • 杉澤秀博・原田謙・山田嘉子・横山博子・堀内宏倫・柴田博(2004)「シルバー人材センターの施策評価;所属会員のセンターに対する主観的評価およびwell-beingに与える効果をアウトカム指標として」第46回日本老年社会科学会(仙台)

  • 山田嘉子・杉澤秀博・原田謙・柴田博(2004)「シルバー人材センターに於ける会員就業率の組織的関連要因」第46回日本老年社会科学会(仙台)

  • Harada, K., Sugisawa, H.,. Shibata, H.,. Sugihara, Y., & Yamada, Y. (2004)Measurement and Correlates of Ageism Among Japanese Young Men Living in Urban Areas. The 57th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, Washington.

  • Yamada, Y., Sugisawa, H., Harada, K., & Shibata, H.(2004)Factors Relating to Job Attainment and Job Satisfaction of the Members of Silver Human Resource Centers in Japan. The 57th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, Washington.

  • 杉澤秀博・杉原陽子・原田謙・山田嘉子・黒澤昌子・柴田博(2005)「中高年期男性の失業状態の変化と精神健康」第47回日本老年社会科学会(東京)

  • 原田謙・杉澤秀博・山田嘉子・柴田博(2006)「シルバー人材センターからの退会に関連する要因」第48回日本老年社会科学会(大阪)

  • 杉原陽子・杉澤秀博・柴田博・原田謙(2006)「生産的活動(プロダクティブ・アクティビティ)が中高年齢者の心身の健康に及ぼす影響:「引退と健康に関するパネル調査(JHRS)」の結果から」第48回日本老年社会科学会(大阪)

  • 中西泰子・杉澤秀博・杉原陽子・原田謙(2006)「要介護認定高齢者の閉じこもりの規定要因:同居家族の有無によるサポート効果の違い」第48回日本老年社会科学会(大阪)

  • 山田嘉子・杉澤秀博・原田謙(2006)「シルバー人材センターのホワイトカラー出身会員の特性:非ホワイトカラー出身会員との比較から」シニア社会学会(東京)

  • 原田謙・杉澤秀博・山田嘉子・柴田博(2007)「シルバー人材センター退会者の類型化に関する研究」第49回日本老年社会科学会(札幌)

  • 原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・柴田博(2008)「中高年者の配偶関係と精神的健康――「引退と健康に関するパネル調査(JHRS)」による分析」第50回日本老年社会科学会(大阪)

  • Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., & Shibata, H. (2009)Education, Work History, and Dynamics of Poverty: A Longitudinal Analysis of Older Adults in Japan. The 19th International Association of Gerontology and Geriatrics, Paris.

  • Saito, T., Sugisawa, H., Harada, K., Yamaguchi, T., & Kai, I. (2009) Neighborhood Characteristics and Mental Health among the Elderly in an Urban Area of Japan. The 19th International Association of Gerontology and Geriatrics, Paris.

  • 原田謙(2010)「エイジズム研究の動向と課題」第52回日本老年社会科学会(名古屋):日本老年社会科学会奨励賞受賞記念講演

  • Harada, K. (2011) The Effects of Social Capital on Health: Evidence from a Survey in Tokyo Metropolitan Area. The International Conference on Social Stratification and Health; Looking into the Future Research Agenda, The University of Tokyo.

  • Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., & Shibata, H. (2011)Longitudinal Study of Marital Status, Gender, and Depression in Japan. The 9th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics, Melbourne.

  • 原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2012)「高齢者における地域レベルのソーシャル・キャピタルの精神的健康への効果――集団参加を用いたマルチレベル分析」第54回日本老年社会科学会(佐久)

  • 杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・新名正弥・柳沢志津子(2012)「高齢者における個人レベルのソーシャル・キャピタルの健康度自己評価への効果――青壮年者との比較」第54回日本老年社会科学会(佐久)

  • 杉原陽子・杉澤秀博・原田謙・柳沢志津子・新名正弥(2012)「孤独感と個人・地域レベルの社会関係資本との関連――青壮年者との比較」第54回日本老年社会科学会(佐久)

  • 新名正弥・杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・柳沢志津子(2012)「高齢者における帰属組織の特性と政治的有効性感覚との関連――青年・壮年者との比較」第54回日本老年社会科学会(佐久)

  • Sugisawa, H., Harada, K., Shimmei, M., Sugihara, Y., & Yanagisawa, S. (2012) Effects of Individual-level Social Capital on Health of Elderly People. 45th Australian Association of Gerontology National Conference, Brisbane Convention and Exhibition Centre.

  • 原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2013)「高齢者の地域への愛着に関連する要因――地域環境の質に着目したマルチレベル分析」第55回日本老年社会科学会(大阪)

  • Harada, K. (2013) Social Status, Social Capital and Health: Survey of Resident in 30 Municipalities in Tokyo Metropolitan Area. The International Conference on Social Stratification and Health; Interdiciplinary Research and Action for Equity, The University of Tokyo.

  • 原田謙(2015)「社会学の立場から「地域」の文脈効果を考える――老年社会科学におけるソーシャル・キャピタル研究の課題」第57回日本老年社会科学会(横浜)シンポジウム「ソーシャル・キャピタルと地域づくり」

  • 柳沢志津子・杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・新名正弥(2015)「男性高齢者が参加する社会組織のメンバー特性と関連要因――青壮年者との比較」第57回日本老年社会科学会(横浜)

  • 小林江里香・深谷太郎・原田謙・村山陽・高橋知也・藤原佳典(2015)「世代間関係に関する態度と職域・地域における若年世代への支援――首都圏60代シニアの調査から」第57回日本老年社会科学会(横浜)

  • 原田謙(2016)「都市社会学とソーシャル・キャピタル研究の交差――地域の文脈効果を再考する」第38回早稲田社会学会研究例会

  • 原田謙・小林江里香・深谷太郎・村山陽・高橋知也・藤原佳典(2016)「高齢者の若年者に対する否定的態度に関連する要因――世代間関係における「もうひとつのエイジズム」の検討」第58回日本老年社会科学会(松山)

  • 杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2016)「高齢者の日常生活動作の経済階層による格差――年齢,時代,生年コホートによる違いはあるか」第58回日本老年社会科学会(松山)

  • 小林江里香・原田謙・深谷太郎・村山陽・高橋知也・藤原佳典(2016)「年長者からの被支援経験は高齢期の子育て支援行動を促すか――Generativityと若者への否定的態度を媒介要因とした検討」第57回日本社会心理学会(関西学院大学)

  • Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2016) Effects of Social Support and Negative Interactions on Mental Health in Japan. The 69th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, New Orleans.

  • 杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2017)「ライフコースの視点からみた身近な人の健康維持習慣と高齢期の健康維持習慣との関連」第59回日本老年社会科学会(名古屋)

  • 原田謙・杉澤秀博・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2017)「職場におけるエイジズムが健康に及ぼす影響――中高年男性を対象とした全国調査の結果から」第59回日本老年社会科学会(名古屋)

  • Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2017) Perceived Neighborhood Environment, Social Support, and Physical Activity among Elderly Japanese. The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, San Francisco.

  • Sugisawa, H., Harada, K., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2017) Psychosocial mediators between socioeconomic status and physical activity in older Japanese adults. The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, San Francisco.

  • Kobayashi, E., Harada, K., Murayama, H., Fukaya, T., & Liang, J. (2017) Social Isolation Among Older Japanese: Do Regional Attributes Matter? The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, San Francisco.

  • 原田謙(2017)「つながることは健康的か?:機能主義と象徴的相互作用論による比較」第76回日本公衆衛生学会(鹿児島)シンポジウム「公衆衛生研究・実践における社会学理論の役割と応用」.

  • 原田謙(2018)老年学系若手研究者企画「先輩に学ぶ、研究者の仕事と生活(インタビュイー)」第60回老年社会科学会(東京)

  • 杉澤秀博・柳沢志津子・原田謙・杉原陽子・新名正弥(2018)「中卒男性高齢者における運動習慣の未実施に至るプロセス」第60回日本老年社会科学会(東京)

  • 柳沢志津子・柳沢志津子・原田謙・杉原陽子・新名正弥(2018)「社会的不利の中で口腔保健行動を獲得・定着するプロセス」第66回日本社会福祉学会(名古屋)

  • 杉澤秀博・原田謙・杉原陽子・柳沢志津子・新名正弥(2018)「高齢者における時間的展望、社会階層、健康習慣の関連」第77回日本公衆衛生学会(福島)

  • Harada, K., Sugisawa, H., Sugihara, Y., Yanagisawa, S., & Shimmei, M. (2018) Job Demands, Coping Resources, and Job Satisfaction among Older Employed Men in Japan, The 71th Annual Meeting of the Gerontological Society of America, Boston.